• ホーム
  • ボールパイソンについて

ボールパイソンについて

当店でボールパイソンを購入される方は下記をお読みになり、よく理解した上でご購入、飼育をお願い致します。

学名:Python regius

和名:ボールニシキヘビ

英名:Ball python、Royal python

別名、通称:ボールパイソン

原産国(WC個体):トーゴ、ガーナ、ナイジェリア、ギニア、シエラレオネ等アフリカ

飼育温度約27~30℃、高温部は30~32℃とし、35℃を超えないようにします。
夜間はそれより少し下げる様にタイマーサーモなどを使用して調整します。
フィルムヒーターなどを用いて温度勾配をつけると良いです。
保温球などのライトは、巻きつき火傷の恐れがあります。

マウス、ラットなど、個体の一番太い部分に合わせたサイズのものを適宜与えます。
成体においては、秋から春にかけて独特の休眠期を持ち、この間は餌を食べなくなる事があります。

寿命:20~30年

成体の全長:150㎝~200㎝

飼育環境:脱走を防げる蓋付きの水槽やプラケース等、とぐろを巻いた直径の3倍程度の広さが長手に取れることを目安に大きさを選択します。
これにシェルターや流木、体の浸かれる程度の水容器を設置して下さい。
あまり多湿にする必要はありませんが、70%程度の湿度を保つと脱皮不全などが少ないようです。
底材はアスペン、ウッドチップやヤシガラなど何でも良いのですが、メンテナンス性などを考慮すると、ペットシーツやキッチンペーパーなどが便利です。
紫外線はほとんど必要としません。
水や底材はこまめに交換してください。
複数飼育も可能ではありますが、単独飼育が好ましいです。

性別判別に関しましては、100%の保証はできかねますので予めご了承下さい。
もし必要でしたら、別途写真画像等お送りすることができますので、一度お問い合わせをお願い致します。
性別判別や通常の飼育で生じるような傷、擦れに対してのクレームは一切対応できかねます。